暮らしによりそう古本屋。
ホームsold out荻須高徳画文集 ―パリの街を愛し、生き、そして描いた―
商品詳細

荻須高徳画文集 ―パリの街を愛し、生き、そして描いた―

[×]
■著者■ 荻須高徳 監修/恵美子 荻須 ハルペルン

■出版社■ 求龍堂

■発行年■ 2008年初版 ※絶版

■定価(当時)■ 3600円

■状態■ 良/帯付。

■fromマヤルカ■
戦後初めて日本人画家として再入国を許可され、パリを愛し、フランスで生涯を過ごした画家・荻須高徳。
人生と作品を言葉とともに綴る見ごたえ十分の画文集。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス