暮らしによりそう古本屋。
ホーム | 文化・自然 > 旅と街【新刊】 コーヒーと一冊 たもんのインドだもん
商品詳細

【新刊】 コーヒーと一冊 たもんのインドだもん

[×]
■著者■ 矢萩多聞

■出版社■ ミシマ社

■発行年■ 2016年9月初版第1刷

■fromマヤルカ■
画家、装丁家として活躍する著者が、第二の故郷インドについて綴った一冊。

矢萩多聞(やはぎ・たもん)
1980年横浜生まれ。9歳のとき、はじめてネパールを訪れてから、毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校に行くのをやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。1995年から、南インドと日本を半年ごとに往復し、銀座、横浜などで個展を開催。2002年、対談本『インド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。このころから本づくりの仕事をはじめ、これまでに400冊を超える本をてがける。2012年、事務所兼自宅を京都に移転。著書に『たもんのインドだもん』(ミシマ社)、『偶然の装丁家』(晶文社)がある。


こちらもオススメ
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス